日本スポーツとジェンダー学会及び日本スポーツ法学会の共催により、下記の通りシンポジウムが開催されます。

 

シンポジウム:『スポーツにおける暴力「体罰問題」を考える』

 

共 催: 日本スポーツとジェンダー学会

     日本スポーツ法学会

 

日 時: 320日(水)14時から16時半

会 場: 関西大学 天六学舎1101教室

参加費: 500

 

<シンポジウム(報告および演者)>

 

1.「スポーツにおける暴力・体罰」とは何か 

  山本徳郎氏(奈良女子大学名誉教授)

 

2.現場からの報告高野連・甲子園塾の経験から

  西岡宏堂氏(公益財団法人日本高等学校野球連盟常務理事)

 

3.現場からの報告桜宮高校の部活の現状と今後の改革について

  伊賀興一氏(桜宮高校から体罰をなくし、改革を進める会代表/弁護士)

 

4.スポーツにおける暴力・体罰をどう防ぐか
(法的・制度的しくみと現場での対策)

  鈴木知幸氏(日本スポーツ法学会監事/元東京オリンピック招致事務局)

 

シンポジウムの詳細につきましては、下記ポスターをご覧ください。

『スポーツにおける暴力―『体罰問題』を考える」ポスターはこちら