日本スポーツとジェンダー学会公式サイト

第20回大会報告

日本スポーツとジェンダー学会(JSSGS)第20回大会は、2021年10月23日(土)、オンラインにて開催されました。7月24日に予定していた大会を延期し、今回新たにオンライン形式を用いて開催いたしました。大会が無事に終了しましたことをご報告申し上げますとともに、会員をはじめとする多くの方々にご参加いただけましたことを、心より感謝申し上げます。

参加者:計64名
第20回大会開催要項(10月23日開催版)
第20回大会プログラム
<キーノートレクチャー>

「スポーツ・ジェンダー学の展望:研究成果を社会に活かす」
  來田享子(中京大学)

<研究企画①>

「スポーツとジェンダーに関する国内研究のレビュー」
  高尾将幸(東海大学)小石原美保(国士舘大学)三上純(大阪大学大学院)
  申恩真(北星学園大学)藤田恵理(東京女子大学)高峰修(明治大学) 

<研究企画②> 

「東京 2020“女性蔑視発言”の追跡調査から考えるスポーツ界のジェンダー平等」
  井谷惠子(京都教育大学)大勝志津穂(愛知東邦大学)木村華織(東海学園大学)
  杉本理惠(行政書士)高峰修(明治大学)三上純(大阪大学大学院)山口理恵子(城西大学)

<一般発表>

第1セッション 座長:荒井啓子(学習院女子大学)
「1983 年に企業内で設立された女子ラグビーチーム:ブラザー女子ラグビー同好会を事例に」
  兼松由香(東海学園大学/中京大学大学院)
「多様化するメディアへの対応における女性トップアスリートによる認識の現状と課題」
  三須亜希子(フリーアナウンサー)

第2セッション 座長:原祐一(岡山大学)
「カリキュラムの多層性からみた「体育嫌い」のジェンダー・ポリティクス」
  井谷惠子(京都教育大学)
「学校体育におけるヘゲモニックな男性性:「体育嫌い」の声から」
  三上純(大阪大学大学院)

第3セッション 座長:風間孝(中京大学)
「体育の空間と性別二元制-非シスジェンダー学生の語りから」
  関めぐみ(甲南大学) 井谷聡子(関西大学)
「スポーツの価値に関する認識がトランス・アスリートの包摂に与える影響について」
  松下千雅子(名古屋大学)

 

JSSGS学会事務局

〒564-8680
大阪府吹田市山手町3-3-35
関西大学 文学部 井谷研究室内
TEL: 06-6368-0509
E-mail: info@jssgs.org
(スパム対策のため全角表示)

PAGETOP
Copyright © 日本スポーツとジェンダー学会HP All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »