2015年8月20日付で日本テレビ公式サイト内「ラグビーワールドカップ イングランド2015」ページに「セクシー・ラグビールール」と称する2本の動画が公開され、その後、同23日付けでこれらの動画は削除されました。インターネット上では、この動画をめぐり元選手やラグビーファンだけでなく、多くの市民から意見が示されましたが、その大半が動画を批判するものでした。

日本では、2019年ラグビー・ワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会など国際的なスポーツ大会の開催が予定され、今後ますます、スポーツへの関心が高まると同時に、スポーツがあらゆる人にとって公平・公正で人権侵害のない身体文化であることが求められています。このようなスポーツ文化の醸成には、スポーツを市民に伝えるメディアの力は欠かせない要素であることは言うまでもありません。

こうした社会状況に鑑み、日本スポーツとジェンダー学会は今回の件に関して学術的観点からも検証を行う必要があると考え、(一社)日本体育学会と共同で日本テレビに公開質問状を送付しました。

この公開質問状に対し、回答期日であった2015年9月24日付の回答が日本テレビから届きました。

➡日本テレビからの回答を見る(PDF)

上記回答に対し、日本スポーツとジェンダー学会は受領のお知らせとお礼を送付しました。また、今後どのように検証作業を進めるか等については現在、理事会で審議中です。

➡この回答を受領することになった公開質問状に関する本サイトの記事をみる

➡この回答を受領することになった公開質問状PDFをダウンロードする

 

<回答書全文(本文のまま書き写し)>

2015年9月24日

一般社団法人 日本体育学会 御中

日本スポーツとジェンダー学会 御中

 

 

日本テレビ放送網株式会社

 

初秋の候、平素は格別のご高配を賜り,厚く御礼申し上げます。

さて、貴学会より、2015年9月7日付にて『貴社制作動画「セクシー・ラグビールール」に関する質問状』(以下、質問状。)を拝受いたしました。

 

弊社ホームページに公開しました動画につきましては、放送された番組ではありませんので、原則として、一般社団法人日本民間放送連盟の「放送基準」などが適用されるとは考えておりません。しかしながら、ホームページ上の動画に関しての責任は弊社にあることは言うまでもありません。そうした中、視聴者の皆様をはじめとして「不快な表現」であるとのご指摘を多数いただいたため、弊社の責任において削除した次第です。

社内の関係部署で今回の経緯を検証し、今後、このようなご批判を受けないよう、現在チェック体制の見直しを行っております。

なお、今回の動画に関しましては、全て弊社の判断で行ったものであり、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会の関与はありません。

 

弊社はこれまでもスポーツ・報道・情報番組を中心に、各競技の試合や大会の結果のみならず、アスリートを支援していただいている方々、さらには、スポーツの果たす社会的責任や障がい者スポーツなど、様々な側面からスポーツを取り上げてまいりました。

2019年に開催されますラグビーワールドカップ日本大会、そして翌20年の東京オリンピック・パラリンピックと世界的なビッグイベントを控え、スポーツに対する注目度とその影響力がこれまで以上に高まっていくと考えております。

そういったスポーツ報道の一端を担うものとして、弊社は広く国民の皆様にスポーツの重要性をお伝えしていくと同時に、公平・公正なスポーツ報道に努めてまいる所存です。

諸事情ご賢察賜りたく何卒よろしくお願い申し上げます。

 

以上