大阪府立大学女性学研究センター主催
2012年度第1回女性学講演会開催のお知らせ

「身体能力の性差再考―スポーツ・パフォーマンスを中心に―」  

1.講師
  飯田貴子 帝塚山学院大学教授

 

2.日時
2012年9月15日(土)
13時30分~15時30分(15時~15時30分 講演者との質疑応答)

 

.会場
ドーンセンター 5階セミナー室(2)
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

男性の男性による男性のための文化として発展してきた近代スポーツが、男女別に実施されているのは「平等性」原則に基づくものなのか?それとも、性別2元制を堅持するためなのか?
本講演では、まずスポーツ界において普遍的とみなされている「性別」に着目し、どのようにして男女の振り分けが行われてきたかを概観する。ここでは、1960年代に始まった性別確認検査の導入、2000年シドニー五輪で中止された性染色体による検査の曖昧さ、2004年アテネ大会において適用された性別変更後の参加承認、2009年世界陸上競技選手権大会におけるセメンヤ選手の性別疑惑問題に端を発した高アンドロゲン女性選手への対応について取り上げる。
そして最後に、スポーツパ・フォーマンスにおける性差を吟味する場合の留意点について、スポーツを構成する体力要素、スポーツ・パフォーマンスを評価する指標について、ジェンダーの視座から考える。
コーディネーター:熊安貴美江(女性学研究センター) 

★ご参加お申込みについては、下記リンクからご確認ください。
参加申し込みの詳細は→ こちら