3月11日(金)に発生いたしました東北地方太平洋沖地震について、被災された会員をはじめ、被災地のすべての方々に心よりお見舞い申し上げます。激しい災害の被害が生じていることに、スポーツとジェンダーに関わる研究を通じ、多様な人々にとってのより良い社会をめざす学会として、深い心の痛みを感じております。被災地のみなさまが一日も早く心休まる日々をお迎えいただけることをお祈り申し上げます。