GEAHSS公開シンポジウムが以下の通り開催されます。参加申し込みが必要ですので,下記の「こくちーず」URLよりお申し込みをお願いいたします。

https://www.kokuchpro.com/event/geahss20210328/

【日時、内容】
2021年3月28日(日)13:30ー17:00

公開シンポジウム「今こそアクションを!人文社会科学からの発信」 

主催:人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会(GEAHSS)
後援:文部科学省・内閣府男女共同参画局 
参加無料|事前申し込み制|定員500名 

GEAHSSは4期目に入り,幹事学協会持ち回り制を導入して新たな歩みを初めている。学協会からの情報発信と学協会の連携を強め,学術・研究・教育分野におけるジェンダー平等に向けた取り組みを推進する。本シンポジウムの第一部では,幹事学協会である日本心理学会の協力により,ジェンダー平等に資する心理学研究の最前線に学び,第二部では,学協会のさまざまな取り組みを共有することにより,グッド・プラクティス基本構想の構築を一歩前進させることを目的とする。 

総合司会・開会挨拶:伊藤公雄(ギース幹事・日本社会学会) 

13:30 来賓挨拶 林 伴子(内閣府男女共同参画局長)

     幹事学協会挨拶 坂上貴之(日本心理学会理事長) 

13:40 第一部 基調講演「ジェンダー・バイアス研究の最前線」

            講師:森永康子(広島大学大学院・日本心理学会)

          司会:滑田明暢(ギース幹事・日本心理学会) 

14:40 第二部 パネルディスカッション「グッド・プラクティス基本構想の構築に向けて」

   コーディネーター:吉原雅子(ギース副委員長・日本哲学会)

  • 事例発表1:性差別やセクハラ防止の取り組み(日本教育心理学会・高橋惠子)
  • 事例発表2:学問分野におけるジェンダー主流化への取り組み(日本スポーツとジェンダー学会・來田享子)
  • 事例発表3:研究プロジェクトや学会活動への若手・女性の参加促進の工夫(日本文化人類学会・椎野若菜)
  • アンケート結果から:学協会のグッド・プラクティスと今後の課題(ギース幹事・日本哲学会・小島優子)
  • 指定討論:和泉ちえ(日本西洋古典学会)・後藤弘子(ジェンダー法学会)
  • 全体討論