日本スポーツとジェンダー学会では、スポーツとジェンダーに関する研究の発展を図り、本会会員の優れた研究成果を表彰するために「学会賞」を設けています。

会員の皆様からのご推薦をもとに、学会賞選考委員会で選考を行なった結果、2013年7月13・14日開催の第12回記念大会において賞状及び副賞を贈呈しました。受賞されたのは、以下の2名であったことをご報告申し上げます。

合場敬子(明治学院大学)「女子プロレスラーの身体とジェンダー―規範的『女らしさ』を超えて ―」明石書店、2013年

 井谷聡子著「<新>植民地主義社会におけるオリンピックとプライドハウス」スポ ーツとジェンダー研究第10巻、4-­15頁、2012年