<趣旨>
JSSGSでは設立20周年を迎える2022年に向けて、過去20年における学会内外の研究動向のふり返りを行います。2021年度はまずスポーツとジェンダーに関する研究分野の国内レビューを行い、これまでの成果と現状を把握し、さらに将来的な課題を整理します。また2021年2月に起こった東京2020組織委員会の元委員長による女性蔑視発言問題に対して、社会の諸組織がどのように向かい合い、どのように変わったのか/変わろうとしているのかについて継続して検討していきます。このような作業を通じて、東京2020後の、そしてコロナ後の日本におけるスポーツや体育、身体活動の姿を描き出したいと考えています。
新型コロナ感染拡大の影響を受け、第20回大会もオンラインで開催することになりました。多くの皆さまにご参加いただけますよう、ご案内いたします。

 <日時>
2021年10月23日(土)9:30 ~17:00

<開催方法>
オンライン形式

<参加費>
会員:無料/非会員:1,000円

<企画>(予定)
・キーノートレクチャー「タイトル未定」來田享子会長
・研究企画①「スポーツとジェンダーに関する国内研究のレビュー」研究
・研究企画②「東京2020“女性蔑視発言”の追跡調査から考えるスポーツ界のジェンダー平等」
・一般発表

<参加申込期日>
受付開始:2021年9月1日(水)
一般発表申込・抄録提出〆切:2021年10月2日(土)
大会参加申込〆切:2021年10月22日(金)13時
申込方法:受付開始日以降、JSSGSホームページ内の「参加・発表申込みガイドページ」にアクセスし、申込フォームに必要事項を入力して送信して下さい。

大会開催要項はここをクリック→JSSGS第20回大会開催要項

JSSGS第20回大会事務局