Vol.11(2013/3)

<目 次>

巻頭随想
現実を動かす研究と社会へのアプローチ
田原淳子

論 文
ホモソーシャリティ概念の組織への応用可能性  —体育会系アメフ部におけるエスノグラフィ研究より—
関めぐみ

「フクシマ女子駅伝」是非言説にみる女子選手の不在
井谷惠子

女性競技者の視点からみた女子総合格闘技ルールの妥当性 —ケイパビリティ・アプローチを手がかりに—
松宮智生

愛知県における一般女性サッカー選手の活動環境に関する研究
大勝志津穂

JSSGS第11回大会報告
基調講演 『開発と健康』
原ひろ子
<基調講演紹介文>
福富護

シンポジウム 「開発におけるジェンダーとスポーツ」
<シンポジウム報告>
來田享子

(登壇者論文)
ナイジェリア北部における女性の生活向上支援
甲斐田きよみ

文化/スポーツ/女性の多様性からみた「開発」と「ジェンダー」への問いかけ  —イスラーム女性を事例として—
荒井啓子

開発支援現場の「スポーツとジェンダー」に関する一考察 —直接的および間接的なケース・スタディーを中心に−
山口拓

特別講演
『災害復興と健康・ジェンダー』 —東日本大震災後の保健師による全戸家庭訪問健康調査から見えてきたこと—
鈴木るり子
<趣旨説明>
建石真公子
<ディスカッサント報告>
北田和美

国連文書翻訳
SDPIWG報告書(2008)開発と平和に向けたスポーツの力の活用:各国政府への勧告−第4章 スポーツとジェンダー:少女/女性のエンパワーメント−
(監訳)來田享子・吉川康夫・小石原美保

海外文献紹介
ロビン・ケットリンスキー 『スポーツをする日本女性をめぐる理論的な関心事』
高峰 修

書 評
杉浦ミドリ・建石真公子・吉田あけみ・來田享子編著 『身体・性・生 ―個人の尊重とジェンダー』
藤山 新

日本スポーツとジェンダー学会第12回大会実施要項
日本スポーツとジェンダー学会会則
日本スポーツとジェンダー学会入会申込書
日本スポーツとジェンダー学会活動報告

 

Vol.12(2014/3)

<目  次>

巻頭随想
「スポーツとエンパワー」に思う
熊安貴美江

論 文
1920−30年代の少女向け雑誌における「スポーツ少女」の表象とジェンダー規範
小石原美保

女性割合の増加とジェンダー秩序の変化 —大学アメフト部における女性スタッフの権力に着目して—
関めぐみ

愛知県における成人女性サッカー選手のスポーツ経験種目に関する研究
大勝志津穂

1960—1979年のIOCにおけるオリンピック競技大会への女性の参加問題をめぐる議論 —IOC総会議事録の検討を中心に—
來田享子

研究ノート
体育・スポーツ関連学部の大学生を対象としたスポーツと性的マイノリティに関する調査結果
藤山新・飯田貴子・風間孝・藤原直子・吉川康夫・來田享子

JSSGS第12回大会報告
シンポジウム 「身体活動がもたらすエンパワーメントの可能性」
<趣旨説明>
飯田貴子

(登壇者論文)
身体フェミニズム:女性の身体的エンパワーメントのために
合場敬子

(抄 録)体育におけるカリキュラム・ポリティクスとジェンダー
井谷惠子

(抄 録)主婦性の社会化を考える —ママさんバレーボールを事例として−
高岡治子

(登壇者論文)超高齢社会と高齢者の健康・フィットネス —人生100年時代を見据えて−
木村みさか

<特別プログラム>
体育・スポーツと暴力/性暴力を考える—新聞報道の現場から−
落合 博

<特別講演>
教育・身体・ポリティクス
小玉重夫

海外文献紹介
「エンパワメント」:その使用を思いとどまらせるものについての考察
山口理恵子

資料翻訳紹介
「人権とオリンピック・パラリンピック」 —イギリス,ロシア,ブラジル,韓国共同声明−
(訳・解説) 建石真公子

書 評
合場敬子著『女子プロレスラーの身体とジェンダー』
斎藤文彦

日本スポーツとジェンダー学会 第13回大会実施要項
日本スポーツとジェンダー学会会則
日本スポーツとジェンダー学会入会申込書
日本スポーツとジェンダー学会活動報告

 

Vol.13(2015/3)

<目次>

巻頭随想
遠い空の下で、シリアの少女が教えてくれること
來田享子

論 文
女子高校生スポーツ競技者への指導者による体罰の実態
佐々木万丈

大正後期における高等女学校・実科高等女学校体操科受持ち教員について―『中等教育諸學校職員録』を手懸りに―
掛水通子

日本の女性スポーツ黎明期における女子水泳の組織化―日本水上競技連盟と日本女子水上競技連盟の組織統一に着目して―
木村華織

研究ノート
運動・スポーツ種目実施率の男女差について―実施率の時系列変化に着目して―
大勝志津穂

JSSGS第13回大会報告
分科会1A:日本人のスポーツライフに関するジェンダー分析
分科会1B:人間の生存・身心問題とスポーツ・ジェンダー学の射程
分科会2A:体育カリキュラムのジェンダー・ポリティクスを考える
分科会2B:ジェンダー視点を持って研究を進めよう!
分科会3A:主流化される女性身体
分科会3B:セクシュアル・マイノリティのスポーツ環境
分科会4A:スポーツにおけるセクシュアル・ハラスメント
分科会4B:体育・スポーツの歴史の中でジェンダーを考える

海外文献紹介
第6回IWG女性とスポーツに関する世界会議にみるスポーツとジェンダーの今日的課題―「ブライトン+ヘルシンキ2014宣言」と第6回世界会議の結論・勧告から―
田原淳子

書 評
「性と柔 女子柔道史から問う」(溝口紀子著)
近藤良享

日本スポーツとジェンダー学会 第14回大会実施要項
日本スポーツとジェンダー学会会則
日本スポーツとジェンダー学会入会申込書
日本スポーツとジェンダー学会活動報告